「釜山」で人気の観光地

「釜山」で人気の観光地

韓国と言えば、観光地として「釜山」も有名です。

海と山の場面が調和する釜山。
プサンは今韓国で最も大きな湾になりましたが、それは、15世紀の初めに富ヤマウラと呼ばれる単なる1つの漁港でした。

それらの日、この地区の中心は、現在の約10kmから内陸に入った場所に適しました。
場所の名前がプサンに変更されたのは16世紀の後にでしょう。
また、それが釜に似ている山の形で起こることは言えるでしょう。

有名な関釜フェリーは下関間に接続しました。
また、さらに、プサンは、博多(対馬、大阪)のような日本からの多くの旅客船が着く湾です。
地理的に見ても、日本からも非常に近いため、そして長年様々なことに関して日本との関係は深いとされています。

観光地:梵魚寺

金井の山のふもとの山の上の静かな寺院。
それが基礎であるのは前述の[時代/新羅]ですが、それらの日のものが寺院の域内で残るところで、石のタワーだけあります。

ホンドは国宝として指定されます。
また、できれば、多彩な柱などはプロトタイプで保存されます。
田舎のタッチは味わいます。
それはとても深いです。
また、特に、新鮮な緑か秋の葉の時間は美しいとして人気の観光地として知られています。